婚活でプロポーズ

プロポーズは待っているだけではダメ

プロポーズは待っているだけではダメ

◆ プロポーズしやすい環境作り

婚活で良い出会いがあった人、付き合っていくうちに「この人と結婚したいい!」と強い思いがあらわれる事ってありますよね。
付き合ってからだいぶたつのにいつまでたっても「プロポーズをしてくれない」と悩んでいる女性の人も多いのではないでしょうか?

勿論、男性だって「この女性と結婚したい!」と思っていても中々プロポーズに一歩足が出ない人も多いのが現実です。
男性にとってプロポーズは一世一代の勇気が必要になります。
また、プロポーズをして断られたらどうしようという不安もあり、女性にプロポーズをして必ず良い返事がもらえる自信がない限り男性もプロポーズはしません。

そこで、今回はプロポーズをして欲しい女性から男性へプロポーズしやすい環境作りについてご紹介したいと思います。
婚活で良い出会いがあった人、この人と結婚したいと思った人は是非参考にして下さいね。

将来の話を振ってみる

◆ 両親に会うのが有効

最初に行うのが、自分が結婚を考えている事をそれとなく男性に伝える事です。
例えば「子供は何人欲しい?」とか「ハネムーンはどんな所を考えているの?」とか具体的に将来の話を振ってみましょう。
「私はあなたと将来を考えている」という事をさりげなく伝えるのです。
ここで注意しなければいけないのは、相手に対して「結婚、結婚」を迫りすぎない事です。
さりげないけど、でもポイントは抑える感じで相手に質問してみましょう。
このように女性から将来は自分との事を考えているという事が伝えれば、どんなに鈍い男性でも結婚への二文字が頭の中によぎるはずです。

ですが、中には将来の話を振っても中々プロポーズをしてくれない人もいるでしょう。
その場合は、将来への不安を抱いているのか、又は単なる優柔不断の男性という事になります。
将来への不安がある男性であれば、自分も力になる事を相手に伝え、二人三脚が頑張っていく事を伝えましょう。
今や女性も結婚してからも働く人も多いのが世の中です。
二人で頑張ろうという姿勢が見えれば男性側の不安もなくなるでしょう。
そして、優柔不断の男性の場合、この場合は決断力がないだけになります。
そこで、一番有効的なのが男性側の両親に会う、又は自分の両親に会ってもらう事です。ここまですれば決断力がない男性でも覚悟を決めて決断するでしょう。

婚活で沢山の人が良い出会いをしています。自分の理想の人と出会えるのが婚活です。
出会うだけが婚活ではありません。結婚が最終目的です。
この人と結婚したいと思った人がいたら、良い環境を作ってプロポーズをしてもらうようにしましょう。